経営事項審査の総合評定値(P点)のうち、「技術職員数および元請完成工事高(Z)」は全体の25%を占めます。
評点の上限値は2,441点、下限値は456点です。

技術職員数(Z1)

各業種ごとに、技術者の資格や人数によって評価されます。
加点対象になるのは、一人につき2つの業種です。
区分による配点は下記の通りです

区分 点数
  • 1級資格者
  • 技術士
5点
(監理技術者講習修了者は6点)
  • 基幹技能講習修了者
  • 建設キャリアアップシステム
    レベル4の技能者
3点
  • 2級資格者
  • 第一種電気工事士
  • 甲種・乙種消防設備士
  • 職業能力開発促進法に定める1級資格
    (実務経験不要のもの)
  • 建設キャリアアップシステム
    レベル3の技能者
2点
  • その他技術者(※)
1点
※ 10年の実務経験者、指定学科+3~5年の実務経験者の他、第二種電気工事士〈+3年〉、電気工事主任者(第1種~第3種)〈+5年〉、電気通信主任技術者〈+5年〉、給水装置工事主任技術者〈+1年〉、職業能力開発促進法に定める2級資格〈+3年〉など、資格+実務経験が必要なものはこちらに該当します。

また、技術者は常勤でなければならず、基準日から6ヶ月を超えて在籍していることを証明する必要があります。
その他、実務経験証明書などの期間の制限のある書類を添付する際も、審査基準日(決算日)現在で期間の要件を満たしている必要がありますのでご注意ください。

青森県知事業者、青森県に入札参加資格申請をする予定の大臣業者は事前の手続が必要です。
詳しくはこちらをご覧ください。

元請完成工事高(Z2)

完成工事高のうち、元請で受注した工事高が対象となります。2年平均か3年平均が選択することになりますが、完成工事高(X1)と別にすることはできません。

算出式

技術職員数、元請完成工事高それぞれで評点を出した後に下記の算出式でZ点が出されます。
Z=技術職員数評点(Z1)×0.8 + 元請完成工事高評点(Z2)×0.2

総合評定値(P)のページに戻る

お気軽にお問い合わせください017-721-2621

メールでのお問い合わせはこちら