経営事項審査の総合評定値(P点)は、下記の審査項目ごとに算出された評点にそれぞれ係数を掛けた合計の値となります。

  1. 完成工事高(X1)
  2. 自己資本額および平均利益額(X2)
  3. 経営状況(Y)
  4. 技術職員数および元請完成工事高(Z)
  5. その他の審査項目(社会性等)(W)

まずは、決算書を基に民間の分析機関に申請して、上記3の経営状況(Y)を評価してもらいます。
その後、許可行政庁における審査により、P点が算出されます。
経営状況(Y点)についてはこちらをご覧ください

総合評定値(P点)
=0.25×(X1)+0.15×(X2)+0.20×(Y)+0.25×(Z)+0.15(W)

上限値は2,136点、下限値は-18点です(平成30年4月1日~)
尚、P点は審査を受けた各業種ごとに算出されます。
例えば、土木一式工事ととび・土工工事で審査を受けた場合は、それぞれの完成工事高や技術職員数によって点数が異なります。

経営事項審査のページへ戻る

お気軽にお問い合わせください017-721-2621

メールでのお問い合わせはこちら