自己資本対固定資産比率(x5)は、財務健全性指標の一つで、固定資産がどのくらい自己資本(純資産)で調達されているかを示します。

算出式

$$自己資本対固定資産比率(%)=\frac{自己資本}{固定資産}\times100$$

数値が高いほど点数が上がります。
上限値は350.0%、下限値は-76.5%です。

対策

まずは、増資によって資本金を増やすことや、利益を出して利益剰余金を増やすことにより自己資本(分子)を増加する方法が考えられます。
その他、遊休資産の処分や減価償却の実施により、固定資産(分母)を減少させる方法も考えられます。
自己資本の増加は、「自己資本額および平均利益額(X2)」の点数アップにも繋がりますので併せてご確認ください。

対策はあくまで経営事項審査における経営状況に関する評点(Y点)に関するものです。他に優先する事項がある場合など、税理士さんにもご相談した上でご検討することをお勧め致します。

経営状況(Y)のページに戻る

お気軽にお問い合わせください017-721-2621

メールでのお問い合わせはこちら