平成26年6月4日、公共工事の品質確保の促進に関する法律(品確法)の一部改正法が公布・施行されました。
これを踏まえ、平成26年10月31日、経営事項審査の項目や基準の改正内容が交付されました。

大きな改正内容は次の二点です。

  1. 若年の技術者、技能労働者等の育成及び確保の状況の評価
  2. 評価対象となる建設機械の範囲の拡大

※施行日は平成27年4月1日です。

以下、簡単にご説明致します。

1 若年の技術者、技能労働者等の育成及び確保の状況の評価

「その他(社会性等)の審査項目」(W点)が次の1、2の要件を満たすことにより、各1点最大で2点の加点となります。

  1. 技術職員名簿に記載された35歳未満の技術職員数が技術職員名簿全体の15%以上
  2. 新たに技術職員名簿に記載された35歳未満の技術職員数が技術職員名簿全体の1%以上

2 評価対象となる建設機械の範囲拡大

こちらも「その他(社会性等)の審査項目」(W点)についてです。
今まではショベル系掘削機、トラクターショベル、ブルドーザーなどの「掘る」ものが対象でしたが、今回新たに災害時の復旧対応に使用され、定期検査により保有・移動が確認できるものとして、

  1. 移動式クレーン
  2. 大型ダンプ車
  3. モーターグレーダー

が加えられます。2、3は雪国では除雪・排雪でも大活躍です。

加点については現状と同じく、自ら所有しているしているか審査基準日から1年7ヶ月以上のリース契約を締結していることが条件で、機械一台保有につき1点加点され、最大値は15点です。

それに加え、それぞれの建設機械の条件がございますので注意ください。個別の条件、災害時の役割、移動確認のための定期検査は以下の通りです。

条  件 災害時の役割 定期検査
移動型
クレーン
つり上げ荷重3トン以上 土嚢の
積上げ

障害物の
撤去

製造時検査

性能検査

大型
ダンプ車
車両総重量8トン以上または最大積載量5トン以上
かつ
事業の種類として建設業を届け出、
表示番号の指定を受けている
もの
土砂の
運搬
自動車検査
モーター
グレーダー
自重が5トン以上 除雪・整地 特定自主検査

 

詳しくは国土交通省のHPをご覧ください 。
https://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo13_hh_000292.html

行政書士すとう事務所経営事項審査のページはこちらです
https://sutojimusyo.com/146-2/gyoumu/keisin/

お問合せフォーム


※メールアドレスに誤りがあった場合は電話でご連絡することがございます。

上記の内容で送信します。よろしければチェックを入れて送信してください。