改正内容

平成26年6月4日、「建設業法等の一部を改正する法律」が公布されたことにより、「建設業法」「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律(入契法)」「浄化槽法」「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)」が改正されます。

以下、改正内容をいくつかピックアップ致します。

  1. 公共工事の入札の際、建設業者が入札金額の内訳を提出されることが求められます(施行日以降に広告された入札について適用)。
  2. 公共工事を受注した者が下請契約を結ぶときは、金額にかかわらず、施工体制台帳を作成し、発注者に提出することが求められます(施行日以降に契約が締結された公共工事について適用)。
  3. 建設業許可、浄化槽工事業登録及び解体工事業登録の欠格要件、取消事由に「暴力団員」「暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者」「暴力団員等がその事業活動を支配する者」が加えられます
  4. 建設業許可、浄化槽工事業登録及び解体工事業登録のの記載事項、添付書面、欠格要件などの対象の「役員」の範囲が拡大されます。
  5. 業種区分に「解体工事業」が追加されます。

1~4は公布日から1年以内、5は交付日から2年以内で政令で定める日に施行される予定です。5の解体工事業の新設については経過措置がありますので、以下でご説明致します。

解体工事業について

「解体工事」は、現行の業種区分では「とび・土工工事業」に含まれていましたが、上記の通り、交付日から2年以内の施行日から「解体工事業」の許可が必要になります。

ただし、経過措置により、施行のときに「とび・土工工事業」の許可を有して解体工事業を営んでいる建設業者は、引き続き許可を有していれば、施行日から3年間は「解体工事業」の許可がなくても解体工事を施工することができます。
※経過措置期間中は「とび・土工工事業」の技術者の配置で解体工事の施工ができます。
「とび・土工工事業」の許可を有していても公布時から5年以内には「解体工事業」の許可を得る必要があります。

また、この経過措置により、施行日前のとび・土工工事業に係る経営業務管理責任者としての経験は、解体工事業に係る経営業務管理責任者経験とみなされます。

解体工事業の技術者の資格要件、実務経験については検討中とのことです。

行政書士すとう事務所では、建設業許可申請のサポートをしております。
お気軽にお問い合わせください。

建設業許可サポート

お問合せフォーム


※メールアドレスに誤りがあった場合は電話でご連絡することがございます。

上記の内容で送信します。よろしければチェックを入れて送信してください。