【自筆証書遺言】財産目録は自筆である必要がなくなりました

平成31年1月13日から、 遺言書の方式が変更となりました。

これまでは、自筆証書遺言は、遺言書の全文、日付、氏名を自分で書く必要がありましたが、今後は、自筆証書に相続財産の目録を添付する際は、その目録については、自筆である必要はなくなりました(自筆のものももちろん有効です)。

自筆ではない目録を添付する場合は、署名押印が必要となりますが、本文で用いた印鑑と異なる印鑑を使用することも可能です。

財産目録の形式には署名押印の他、特段の定めはなく、パソコンで作成した一覧や、不動産の登記事項証明書、預貯金通帳のコピーに署名押印したものを添付することもできます。

当事務所でも遺言作成のサポートをしておりますので、お気軽にご相談ください。


※メールアドレスに誤りがあった場合は電話でご連絡することがございます。

上記の内容で送信します。よろしければチェックを入れて送信してください。