遺言書を作成した方がよいケース

今回は世話してくれた相続人に財産をあげたいケースについてです。

複数の推定相続人がいる場合、遺言書をのこさずに亡くなると、法定相続分を元に話し合いなどで遺産を分け合うことになります。例えば、子供が3人で配偶者が既に亡くなっている場合、Aさん、Bさん、Cさんの法定相続分はそれぞれ3分の1です。
子供が3人で配偶者が亡くなっている場合ところが、Aさんが生前亡くなった方の世話をしていた場合、Aさんは他の相続人よりも財産を多めに欲しいという気持ちになることもあると思います。

遺産を分ける話し合いの場でその旨を主張するのもよいのですが、状況や立場的になかなかに言い出しにくいこともあるでしょうし、世話をしてもらった方が亡くなった後だと証明するのが難しくなるかもしれません。Aさんだけに生前に贈与すると、場合によっては特別受益として相続財産に戻されてしまうことがあるので注意が必要です。

亡くなった方に子供がいないケース1ケース2のような複雑な場合はもちろん、今回の例のように相続関係がシンプルな場合や、相続人の仲がよい場合でも、あらかじめ、Aさんに生前に財産を多めに相続させる旨に加え、経緯、感謝の言葉などを添えた遺言書をのこしておくことで、Aさんの手続面だけでなく、感情面の負担も軽減することができるのではと思います。

その他、前述の特別受益を相続財産に戻したくない場合はその旨も記載しておくとよいと思います(遺留分を侵害していて遺留分減殺請求をされた場合は侵害の限度で効力を失います)。

遺言書作成サポートのページはこちらです