契約書を作る必要はあるの?

私たちの日常生活では、書面を交わさなくても契約が成立している場面が多く見られます。例えば個人がお店で商品を買う場合だと、「売る」の申込に対し「買う」の承諾がされ、両者が合致すれば書面なしで売買契約が成立します。

関係が良好な状態のときや、上記のように内容が簡単で一回の実行で終わるケースはそれでよいかもしれません。しかし、契約書を作成しないままいざ契約違反や契約当事者にもしものことがあった場合、トラブル対応などの契約の内容を示すために、無駄なエネルギーを費やすことにもなりかねません。

また、口約束だけだと、その契約において自分や相手が「いつ、どこで、何をするべきか」などの内容があいまいになってしまう恐れがあります。これでは契約の内容がをきちんと守られているのかどうかの判断も難しくなるでしょう。

 トラブルを軽減するためやトラブルになったときのためはもちろん、お互いの認識を確認し、契約の内容を間違いなく実行するためにも、あらかじめ契約書を作成しておきましょう。

ひな形を使って自分で作成したいのだけど

市販の書籍などで契約書のひな形を目にすることもあるかと思いますが、自分の作成しようとしている契約書と同じ題目でも、契約によって、お互いの関係や業務の流れ、取引の状況や条件など、それぞれ内容が異なるため、そのまま使用すると自分の意図したものと異なる契約書になる危険があります。

ひな形を参考にご自分で契約書を作成する際は、個々の情報をしっかり整理し状況に合わせて内容を変更したり、条項を加除したりして慎重に作成することをお勧め致します。

当事務所ではお客様の個々の状況に合わせた契約書作成を作成しております。

まずはお気軽にお問合せください。

業務案内のページに戻る

お気軽にお問い合わせください017-721-2621

メールでのお問い合わせはこちら