遺産分割協議書作成

亡くなった方の財産を相続する際、「誰が」「何を」「どのくらい」相続するのかを協議し、書面で残しておかないと、後にトラブルの元になることがあります。また、亡くなった方の名義の変更手続の際に、遺産分割協議書などの書面の添付が必要になることもあります。

相続後、何もしないままでいると、相続人が亡くなることにより次の相続が生じてしまい、相続関係や手続がどんどん複雑になっていきます。遺産を分けたら早めに書面を作成することをお勧め致します。

遺産分割をするには…

相続関係説明図遺産分割は相続人全員でする必要があり、相続人を確定させるためには戸籍を揃えなければなりません。

また、預金や不動産など、相続財産も確定しておく必要があります。

当事務所では、遺産分割協議書作成はもちろん、戸籍を集め、相続関係説明図を作成するサービスその他相続に関するサポートを致します。

生前に何かできることはないの?

遺されるご家族のため、自分が生きているときに、自分の相続財産について上記の遺産分割などの労力やトラブルの可能性を軽減させる方法はないのでしょうか?

税金や特別受益、遺留分などに注意をしながら個々に検討する必要がありますが、「生前贈与をする」「生命保険を活用する」「遺言書を作成する」などの対策が考えられます。

当事務所では遺言書作成サービスを提供しておりますので、お気軽にご相談ください。

遺言書作成サポートはこちら

注意事項

  • 紛争性がある案件は、当事務所では業務を行うことはできないため、法律事務所を紹介することがあります。
  • 遺産分割協議書作成後の不動産の名義変更は司法書士事務所に依頼致します。
  • 相続税、贈与税など、税務関連の検討が必要な場合は税理士事務所を紹介致します。