行政書士すとう事務所は青森を中心に建設業許可から経営事項審査(経審)入札指名願までしっかりサポート致します!

遺言書作成サポート

遺言書人が亡くなったとき、相続人が複数であればそれぞれの相続分をもとにして亡くなった方の財産の分け方を話し合い、相続手続をすることになります。

財産の多少や相続人の仲の良し悪しにかかわらず、のこされた人に苦労をかけたくない場合や、世話をしてくれた相続人に多めに財産をあげたい場合などは遺言書を作成しておくことをお勧め致します。

また、家族への日頃の感謝の気持ち伝えるのもいいかもしれません。

遺言書を作成した方がよいケース

しかし、せっかくご自分で遺言書を作成しても、形式や文面が不十分で効力が発生しなかったり、検討事項を見落とし、自分の希望通りに進まなかったり、かえって紛争になったりしてしまう恐れがあります。

当事務所では、遺言書の文案作成・アドバイス・チェックを通して、のこされた方のトラブルや相続手続の負担を少しでも軽減し、あなたの想いの実現により近づけるようお手伝い致します。

以下ではご相談が特に多い二つの遺言書についてご説明いたします。

自筆証書遺言

自筆証書遺言は、自分で手軽に作成することができるのが長所です。

しかし、形式を満たしていないと無効になる恐れがありますし、遺言書を紛失したり偽造・変造されたりする危険性もあります。

また、遺言を執行するためには家庭裁判所の検認手続が必要となり、被相続人、推定相続人の戸籍が必要となりますが、相続人が多い場合は集める戸籍もかなりの数になりますので、その際は公正証書での遺言作成をお勧め致します。

遺言者が全文、日付、氏名を自分の字で書き、押印する必要がございますので、当事務所で文案を作成し、お客様ご自身で書いていただく形になります。

自筆証書遺言作成サポートの流れ

公正証書遺言

公正証書遺言は証人2人とともに公証人役場に行き公証人に作成してもらう遺言で、自筆証書遺言よりも作成の手間が多く、費用もかかりますが、公証人の関与により遺言の効力面において安全であり、公証人のもとに原本が保管されるため内容の変造・紛失の危険性がなく、家庭裁判所による検認も不要です。

のこされた家族に手間をかけさせたくない場合や、自分名義の不動産などがある場合、相続関係が複雑になりそうな場合などはこちらがお勧めです。

当事務所では、お客様のご要望に合わせて当事務所で文案を作成し、公証人と打ち合わせをした後日程を合わせて公証人役場で遺言公正証書を作成してもらいます。証人が2人必要となりますが、もしお知り合いでいらっしゃらない場合は、別料金で手配致します。

公正証書遺言作成サポートの流れ

時間・費用面の比較

作成までの時間・作成費用 自筆証書遺言の方が安くて早い
亡くなった後の手続の早さ 公正証書遺言の方が早い

※ 相続人の数、相続財産その他状況によって異なることがあります。
詳しくはお問い合わせください。

遺言で他にできることは?

冒頭の相続分の指定、遺産分割方法の指定や遺贈、遺留分に関する事項、遺言執行者に関する事項の他にも以下のことができます。
・特別受益者の相続分に関する指定
・推定相続人の廃除とその取消し
・認知
・未成年後見人の指定またはその委託
・一般社団法人の設立
・信託の設定
・祭祀承継者の指定

上記のうち、未成年後見人の指定またはその委託以外のものは生前にもすることができます。

トップページ

お気軽にお問い合わせください TEL 017-721-2621

トップページ

  • メールでお問い合わせはこちら

サイト内検索

ブログ カテゴリー

  • facebook
  • twitter

Twitter でフォロー

PAGETOP
Copyright © 行政書士すとう事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。